2017年度の講座案内

<本年の研究テーマ>(2017年度)

「新たなダイバーシティの潮流と価値創造
~九州の自立的成長戦略~」

ダイバーシティ=多様性の重要性が叫ばれるようになって久しい。
女性活躍や雇用機会均等の文脈だけではない。ダイバーシティは成長を生み出すイノベーションの源泉である。
多様な人材や文化や価値観は、その化学反応・新結合によって社会に新たな価値を創出する。

人工知能やIoTなど高度な情報通信技術は誰でも簡単に利用できるようになった。 第4次産業革命は世の中を飛躍的に便利にし、今や人の生き方、働き方を大きく変えようとしている。 そうなると、人口減少が進み深刻化する地域の課題や世界規模の問題を解決に導いてくれるかもしれない。

そこで本年は、自分が解決したいと切実に考える社会課題を取り上げて、現場に密着しながらダイバーシティをキーワードにソルーションを考える。
その課題をビジネスによって、社会活動によって、あるいは政策によって解決し、社会的価値を最大とするような提案を行う。

<進め方>

■ 4月~11月の隔週土曜日、午後に講義とワークショップを行います。 (全15回)
■ 聴講生は、最先端を行くベンチャー企業の経営者、地域の活性化や働き方 改革 に取り組むリーダー、政策担当者・有識者から、新しい時代の産業 と働き方について、講義を受けます。
■ 受講生は講義のほか、ワークショップと2回の合宿(志賀島・台湾)に参 加します。ワークショップでは取り組みたい社会課題別にグループを編成 して、現場でインタビューなどのフィールドワークを行い、新たなソルー ションを提案します。これを報告書にまとめ、研究発表会で発表します。

<主な講師>

﨑田 恭平   日南市長
藤沢 久美   シンクタンク・ソフィアバンク代表
龍造寺 健介  本多機工株式会社 代表取締役社長
佐々木 久美子 株式会社グルーヴノーツ 代表取締役会長
モンテ・カセム 学校法人立命館理事補佐 同大学政策科学部特命教授

<パンフレット>
2017年度募集要項(パンフレット)はこちら

 

<カリキュラム(概要)>
カリキュラムの概要はこちら

 

<参加申し込み要領>

一般社会人の方はここをクリックして下さい

九州大学学生の方ここをクリックして下さい

お申込み・お問い合わせ

(公財)九州経済調査協会 総務部 (担当:養成講座係 元木・案浦)

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館5F

TEL:092(721)4900 FAX:092(721)4906

メールアドレス PlanQD@kerc.or.jp