本講座について

 

受講生の皆様へ

 人類は、歴史的な転換期を迎えています。これまでの価値観の基盤であった民主主義や資本主義でさえ、見直しが求められています。一方で、人工知能やIoT、ビッグデータ解析など先端技術を活用した新しい価値創造も急速に進行しています。我が国でもSociety5.0として「超スマート社会」の構築を目指した種々の「技術革新と社会改革(イノベーション)」が論じられています。国際化の進展や国内の急速な人口減少に対する対応策として、個々の地域の特性を活かした新しい社会の構築が求められています。
 九州大学「地域政策デザイナー養成講座」が養成する「地域政策デザイナー」とは、地域の具体的な課題を把握し、 国内外の情勢や近未来を俯瞰できる広い視野を持って、実現可能な政策を立案し実行できる人材です。「官」「民」を問わず、社会像や地域像をデザインし、それを実現できる人材を育てる場として、本講座を今年も開講します。
 本講座は、経済界や自治体との連携によって、2010年度に開設されました。民間や自治体で働く社会人と大学院生が受講生となり、8年にわたって様々な現代的課題について議論と提案を続けてきました。本講座で育った受講生は、九州を中心としていろいろな地域創生の現場で活躍し、多様なネットワークを築いています。 明日の九州を担う志を持った受講生のご参加をお待ちしています。

国立大学法人九州大学 理事・副学長
地域政策デザイナー養成講座実行委員会 理事長
安浦寛人
安浦寛人 プロフィール
1953年生まれ 京都大学大学院工学研究科卒 1986年京都大学工学部電子工学科助教授。九州大学大学院システム情報科学研究院長、システムLSI研究センター長などを経て、2008年理事・副学長に就任。現在に至る。
この講座には3つの特長があります。

1.多様な参加者によるネットワーク

有力企業若手幹部や自治体職員、企業経営者、専門職、NPO 等の社会人のほか、九州大学の大学院生が参加します。年齢、国籍、業種等の異なる多様なメンバーがハードな体験を共有し、強固なネットワークを築きます。

2.多彩な講師陣

各専門分野の九州大学教授陣、現役の政策担当者、活躍中の首長、経済界リーダー、スタートアップCEOなど、普段接する機会のない方々と意見交換できる場を提供しています。

3.産学官連携による実践的運営

この講座は毎年最もタイムリーな問題を取り上げ、受講生が提案した政策やビジネスモデルを実際に実現させることを目標にしています。現にいくつかのプロジェクトは社会実装中です。

企画立案能力を養い、実践力を身に着け、社会課題の解決に向けた高い志とパッションをもって、アクティブに参加してくれることを期待
しています。


国立大学法人九州大学 学術研究・産学官連携本部 教授
ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)センター長
地域政策デザイナー養成講座実行委員会 事務局長
  谷口博文
谷口博文 プロフィール
1954年福岡生まれ 東京大学法学部卒 1977年大蔵省入省
主計局主計官、国土交通省政策統括官などを経て2009年九州大学教授
2013年九州PPPセンター長、2015年QRECセンター長